FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
終戦記念日
今日は65回目の終戦記念日です

私は、戦争を知りませんが、幼い頃、町で一番大きな寺院の前に、兵隊さんの姿をした人が時々立ってはアコーディオンを演奏し、下に置いた弁当箱のような物にお金を投げ入れてもらっていました。今では、かなり薄れた記憶ですが、子供心に、物悲しい曲を奏でるアコーディオンと、黄土色なのか、灰色なのか、不思議な色の服を着ている兵隊さんを真っ直ぐに見る事が出来ず、遠回りをしてその前を通り過ぎていました。

毎年、8月15日が近づくと、戦争を取り上げだドラマやドキュメンタリーが放送されますが、戦後生まれの人がどれだけ感心を持ち見ているのか気になります。

私は、「あっ、やってる」と気にはなるのですが、後からずーんと去来する重く切ない感情が辛くて見ない事が多いです。特に「火垂るの墓」はダメですねー。イントロのナレーションが流れただけで、節子の『兄ちゃん!』と呼ぶ姿が頭に浮かび、胸がジーンとしてしまいます

でも甘えた事ばかり言ってられないですよね。
沢山の方が犠牲者となり国中に深い傷跡を残した恐ろしい戦争を二度と繰り返さないためにも事実を知り、各々が平和の在り方を考えなくてはいけないですよね

ついでにちょっと愚痴ります
今回、広島の原爆の日にはアメリカから初めての参列がありましたが、長崎の時には出席されていませんでした。
これは何故ですかね?

取り合えずのパフォーマンスでないのなら、長崎の式典にも出席してほしかったと思います。でも、この件に対しては、ニュース番組で指摘されていませんでしたから、私の考えがおかしいのかなー

多くの同胞、先人方によって今があります。
風化だけはさせないよう私達が出来る事を探して行きたいです
スポンサーサイト
[ 2010/08/16 00:13 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。